1. /
  2. /
  3. 転職の失敗のケースと後悔しない転職術

転職の失敗のケースと後悔しない転職術

転職失敗

失敗と思う転職にしたくない

転職するというのは、かなり勇気のいることで、誰もが迷うものです。
転職したことに後悔するようでは元も子もありませんし、元にいた企業のほうがましだったと変えることもできないのですから、慎重に行う必要もあります。

転職して失敗したと思う人は意外に多く、今転職先で働いている人の中にも、転職したことへの公開でいっぱいという人も少なくないようです。
これから転職される人は公開がないように、失敗しない改善策を考えておくことも必要となります。

転職失敗、先輩たちの意見を聞こう

転職するとき本当にやりたいことをはっきりしないままに転職し、この仕事でよかったと思えないと悩む人もいるようです。
転職先でどのような業務を行うことになるのか、具体的に理解せず転職して失敗したケースになります。

転職することに焦り、内定をくれたところに即転職を決めたら、がっかりな企業だったと後悔している方も多いのです。
業務内容、企業の質など、理解が必要になります。

このほかにも、残業はそれほどないといわれていたのに、実際に募集要項を見たら残業時間が平均〇〇時間と掲載されていて、よく見ればよかったと後悔したという話や、スキルアップを見込んで転職したら、転職先で働く人たちがそれこそスキルが高い人たちばかりで活躍なんて程遠い状態だったなど、業務がうまくいかず転職失敗という例もあるのです。
面接で聞いた話と全く違うということも失敗例にあるので、書かれていることと実態の違いをつかむということも必要になります。

転職失敗にならないために理解しておきたい対応策

転職が失敗とならないために理解しておくべき対応策、一つは仕事の流れを見ることができるなら見学させてもらうという行動です。
面接に行くと、仕事場を見せてくれるところもあります。
この時、どんなふうに仕事をしているのか、よく確認すべきです。

働いている人に話を聞くことができるなら、話を聞いておくことで実態がわかることもあります。
またそれができないときには、同じような業種の会社の方などに業務内容などを聞いてみると役立つ情報です。

転職してもいいかなという企業が見つかった場合、そこで3年働くことができるかどうかを考えます。
通常、日本の人事担当の場合、キャリアの区切りを3年と考えることが多いようです。
転職するにしても、1年でさっとまた転職しているのと、3年で転職したのでは、面接担当者の見方が違ってきます。

さらにもう一つ、大切なこと、労働条件の確認は入社する前に行い、これは違うということであれば、入社日前に入社しないことを告げるのが鉄則です。
入社してから労働条件が違うとやめてしまうと、職を転々とするジョブホッパーと思われてしまう可能性があります。

こうした対策をしっかり立てて、まず企業についてよく調べることが重要です。
企業のことを理解し、その中で実際に自分が業務した場合、自分が思ったように業務出来るのかどうか、じっくり考えてみることが必要になります。