1. /
  2. /
  3. 第二新卒って一体何なんですか?

第二新卒って一体何なんですか?

二次新卒

第二新卒ってよくわからないという人が多い

転職を考えているなら、第二新卒のほうがいいといわれることがあります。
ただこの第二新卒という言葉の意味がどうも理解できないという人も多いのです。

転職先にとって都合がいい、雇用される確率が他よりも高いといわれる第二新卒というのはどういうことなのか、まずここから理解しておくことが必要となります。
タイミングよく転職するために有利となる第二新卒とはどういう意味なのか、よく理解すべきです。

第二新卒とはどういう状態?

実はこの言葉に定義などはなく、こういう意味というはっきりした意味があるわけでもないのですが、通常、新卒で入社、3年未満で転職を考えている人という意味になります。
ただこの会社については様々なので、ほかの解釈もあるということを理解しておくべきです。

年齢についていえば、4年制大学に通常合格し普通に卒業した場合、第二新卒の年齢は、26歳くらいとなります。
ただ定義がない第二新卒という言葉を考えると、企業によって取り方が違うので、24歳くらいから26歳くらいまで・・・と考えておくといいようです。

色々な考え方がある第二新卒ですが、一般的に短期間でも社会に出て社会人としての経験を積んでいる人ということが共通しています。
新卒の場合、社会経験がないので社会人としてのマナーなどもなっていない可能性が高い、でも、第二新卒の場合、社会経験を活かした仕事ができると考えられるので、雇用しやすいといわれているのです。

積極採用している企業が多い魅力的な第二新卒

新卒採用の場合、優秀な学生を雇用したいという思いがあり、募集人員が埋まらないという状態にあります。
特に近年、就職について非常にいい状態が継続しているので、どうしても、人員が埋まらないということが起こるようです。

新卒の場合、多くが3年以内に転職してしまうということも言われている中、第二新卒は人員不足に貢献できる人材と注目されているということになります。
多くの企業が第二新卒の雇用を積極的に考えている、行っているという現状があるので、今、第二新卒状態で転職を迷っている人は、もちろん条件などもありますが、転職のいいタイミングといえるのです。