1. /
  2. /
  3. 入社前だからできる!必ず確認したい労働契約内容の項目

入社前だからできる!必ず確認したい労働契約内容の項目

契約内容

転職内定、就職内定の時期だからできること

希望する転職先、就職先から内定が来たとなればそれはうれし事に違いありませんが、ここで、内定を喜び労働条件などあいまいなまま入社するのは危険です。
あとから、もっと深く調べておけばよかったと後悔することもあります。

企業によりますが、内定の通知と一緒に労働契約書、就業規則などを郵送してくることも多いようです。
もし電話によって内定通知という場合、労働契約などがあやふやにならないように、労働契約書、就業規則、入社承諾書などの書類は後ほど送っていただけるのでしょうか?と確認しておくことが必要となります。

今理解しておきたいことを書き出しておこう

労働契約書、労働条件通知書等、内定の際に郵送されてくる書類は色々ありますが、内容を見てみると多くの場合、お給料のこと、また試用期間がどのくらいあるのかなどに触れていないことが多いのです。
また企業によっては労働契約書すらないというところもあります。

こうしたことで不安にならないように、最終面接のときに、求人の広告の時に見たことや、面接のときに聞いた話などを自分なりにまとめて書いておくことがおすすめです。
こうしたておくことで、内定通知が来た時、連絡を取り確認することができますし、労働条件など書かれていないことも聞くことができます。

労働条件で理解しておくべきこととは

労働条件の中で、必ず理解しておくべきことがあるのです。
のちに、聞いていないといっても、質問がなかったからといわれてしまえば後悔するしかなくなります。

まず雇用開始の日、有期雇用契約という場合には契約終了の年月日、更新についても明記があるかどうかを確認すべきです。
事業所、配属される部署など、働くことになる実際の場所について、また業務内容についても確認します。

勤務時間、始業、終業の時間、休憩や残業の有無など、また休日、休暇なども通常、労働条件に掲載されているはずです。
給与や報酬システムについて、また具体的にどのくらいの金額になるのか、締め日、支払日、その支払い方法は振り込みなのかどうかなど、こうしたことも書かれていることになります。

また退職についての記載、解雇、定年の時期任意退職の扱いなども、通常明記されていることなので、明記がない場合には、確認しておくほうが安心です。
こうした労働条件について詳細な書類がないという場合、内定が決まってからでも考え直す方もいます。
口頭で聞いてもあやふやになることが多く、こうしたことがしっかりしていない企業は、問題が起きたとき、おざなりな対応しかしないことが多いのです。

企業に規定があれば掲載されていることもある

企業独自に規定を設けて記載されていることもあるので、確認しておきます。
割増賃金や交通費、仕事の中でかかる諸経費について、また手当、研修や試用期間、社保の適用などです。

傷病や出産、介護についての休職について企業の規則として明記されている場合もあるので、労働条件書に記載されていることを隅から隅まで読み込むことも必要となります。
そのうえで、不安な点やわからないことがあれば、企業に確認が必要です。