1. /
  2. /
  3. 会社から退職を引き止められたときの対処法

会社から退職を引き止められたときの対処法

引き止め

退職する意思を伝えたら引き留められた・・

退職したいという意思を伝え、退職することが決まっていたのに、退職しないでほしいと引き留めに合うこともあります。
社会人としてうれしいことですが、あれこれと理由をつけて退職を引き延ばされては、次に働く場所が決まっている場合、困ったことになるのです。

退職するという気持ちが固いということなら、退職する意思は変わらないという強い気もちを伝えておくことが必要になります。
しかしこの決意の強さを伝えるにも、会社に遠慮して、なあなあな態度でいると、もしかしたら残ってくれるかも?と思ってしまう可能性も出てくるのです。

最終的に今の若い人はすぐにやめるとか今期のないことを言って、仕事には根気がどうのこうの・・・とお説教されるようなこともあります。
こうした事態になったら「申し訳ありませんが、すでに退職先が決まっており、入社承諾書も提出し得ちます」とはっきり伝えることも必要です。
退職しないという気持ちには絶対ならないということを、会社側に伝えるとき、場合によっては強めに伝えることも大切なことになります。

不満を理由に退職しないこと

退職の理由を職場への不満として伝える人も多いようです。
しかし退職すると決意したとき、この職場への不満は必要ないことだと思います。
人間関係、職場の業務への不満、こうしたことを理由に退職を考えたのは自分です。
そのため、通常、不満なことがあって退職となった場合でも、退職理由は一身上の都合とすべきといわれています。

企業側が退職を回避したいと退職を引き留めること上がる場合、不満点の改善も考え退職しないでほしいと伝えてくることも多いです。
そうなると不満なことはなくなるのですから、退職理由がなくなってしまいます。

退職する決意が固く、退職すること、また転職先についても動き出していたり、すでに転職先があるという場合、不満を理由に退職する意思を伝えることはもめことになるのです。
円満退職するためには、退職する決意が固いこと、不満などではなく、一身上の都合で退職することをしっかり伝えることが重要なことになります。

引き留めの理由はプランニングが関係していることが多い

企業が退職希望の人材を引き留める理由には、退職のスケジュールが合わないということも多いです。
繁忙期が近い状態で退職したいといわれ手も、企業は新しい人材を探すこと、仕事を覚えてもらうよりは、今の人材がいるほうが都合がよく、仕事にも支障少なくなります。

退職する時期が繁忙期に当たる、今行っているプロジェクトが中途半端になるという時、企業は通常引き留めに入るのです。
そのため、退職のプランニングは重要であり、これまでお世話になった企業に対して迷惑をかけないようにするためにも、退職時期を伝える前に検討することが重要だといわれます。

2週間前に退職願を提出すれば法律的に問題ない、就業規則に沿っているから問題ないというのでは、あまりにも職場の中でマナーのない行動です。
退職する時期なども踏まえて適切なスケジュールで退職する意向を伝え相談しながら円満退職に向かえば、無理な引きと目にあうことも少なくなります。