1. /
  2. /
  3. 面接は企業のことを知るチャンス!面接時にチェックしておくべきポイント

面接は企業のことを知るチャンス!面接時にチェックしておくべきポイント

チェック

面接で理解できる応募企業のこと

面接というと、やはり緊張しますし自分のことで精いっぱいで、周囲を見ている余裕なんてない・・・という人も多いです。
でも実は面接の機会というのは、応募企業のことをよく理解できる重要な時間になります。

面接するときには通常企業の中で行いますので、企業を客観的に見るいい機会です。
そこで企業をチェックすることで、企業の特性を理解し就職に役立てることもできます。

企業でチェックしておきたいこと

面接に行くと受付で面接会場などを伝えてくれますが、その時、受付がわかりにくい場所にあることも少なくないのです。
この場合、企業に訪れる顧客、取引先に関して対応できる能力が低いと考えることもできます。

面接の時間帯が企業の終了の時間に近くなるときには、出てくる社員の顔をチェックすると企業の内情も見えてくるのです。
仕事しているのですから、疲れていることはもちろんですが、それでもいい表情で楽しそうに仲間と一緒に出てくれば、その企業はいい仕事ができている、雰囲気のいい職場と理解できます。

企業の建物などもチェックしてほしい

業績がいい企業でもシンプルで分かりやすいロビーがあり、非常に明るい雰囲気だと面接に行っても少し安心できるのです。
でも妙に豪華な作りだったり、オフィスらしくないホテルのような華美な状態だと落ち着かないと思います。
面接に来た人だけじゃなく、顧客も取引先も無駄に豪華なオフィスは居心地がいいいと感じないものです。

オフィスがシンプルでいいイメージ、華美すぎず派手すぎないスマートなオフィスは、仕事もしやすく、経営に無駄な経費をかけていないということも理解できます。
またオフィスでは目立つところに手掛けてきた商品や、その企業の特徴ともいうべきサービスについてパンフレットなどを置いてあるものです。

こうしたものが全くないオフィス、商品構成などが見えてこない企業は顧客に対して商品をアピールしようという熱意なども感じないため、魅力が半減します。
実態がよくわからない作りをしている時には要注意です。

企業ホームページがわかりやすい、明るく楽しい雰囲気がある

面接に行く前に、志望動機や履歴書を書く時、企業のホームページで理念や扱っている商品、またその企業の特徴を確認すると思います。
その時、わかりやすくシンプルで充実した情報を発信しているホームページなら、その企業は顧客に対する姿勢も整っていますし、資金力をしっかり持っている証拠になるのです。

面接の際、企業に一歩足を踏み込んでみて、明るくて入りやすいところだな、受付などもすぐに気が付いてくれてあんしんできるなと思う企業は、大抵内部がしっかりしていて、業務も人間関係もうまくいっている企業といわれています。
面接のとき、緊張がありますしほかを見ている余裕なんてない・・という人が多いのですが、受付の対応だけでも企業の質が見えてくるものです。
このいい機会を逃すことなく、企業内部をしっかりチェックしてくることが望まれます。