1. /
  2. /
  3. 悩んでいる人必見!転職回数が多い場合の注意点とは!?

悩んでいる人必見!転職回数が多い場合の注意点とは!?

転職回数

転職回数が多いのはやはり転職の際ネックになる

転職が数回繰り返されると、やはり採用担当者にとって転職回数が多いことが気になりますし、業務になじめない、人間関係などに問題がある人なのかな?と疑問を持たせることになります。
分け合って転職の回数が多くなっているという人もいると思いますが、やはり回数が多いのはマイナスになりがちです。

転職回数が多い、職歴がいずれも短い場合の履歴書・・どう書く?

履歴書の内容について企業が指定している場合もありますが、実は履歴書においては事実に基づき記載することは必要ですが、書き方が原則決まっていない書類になります。
そのため、職歴が多くて気になるという人は、最終学歴のみを記載するということでもいいのです。

企業名よりも、職歴についてはどんなことをしてきたのかということが重要となるので、職務経歴書の提出を求められていなくても、履歴書と別に、職務経歴書を時系列ではない作り方で作り提出するという手もあります。
職務内容を中心にまとめた職務経歴書を提出すれば、企業はほしいと思う情報を手にすることができるのです。

短い職歴についてはその期間を省き記載しても問題はありませんが、その期間は何をしていたのか?と採用担当者から聞かれることがほとんどといわれています。
その場合、短期アルバイトなどは省いて掲載していますと伝えておく人が多いようです。

ステップアップ目的の転職とする

色々な業務を経験していきたいということで、スキルアップ目的で転職が多くなったという履歴にしたい場合も、職務経歴書をつけて転職についてこういう経験を積みたいために転職をしたという言い回しにすれば転職の回数の多さもマイナスになることは少ないと思います。
アルバイト経験でも、それがこれから応募する企業とマッチする業務があるなら、それを活かしたアピールを行うことで転職回数の多さもマイナスポイントにしないことができるはずです。

転職回数の多さを悩む人は多いのですが、それだけ多くの業務を経験しているというプラスなことに結び付けることで、マイナスを見せない履歴書の作成ができます。
これまで転職したことでたくさんの業務を身に着けたこと、それによって応募する企業でより質の高い仕事ができると関連付けていくことで、転職回数は大きなマイナスにならないはずです。