1. /
  2. /
  3. 志望動機の書き方のコツを伝授!

志望動機の書き方のコツを伝授!

志望動機

志望動機書は就職・転職に重要な要素

採用担当の方が面接を行った多くの方から採用を決定するとき、ポイントとなるのが志望動機書といわれています。
就職の際にも大きなポイントとなりますが、転職の際にも重要です。
志望動機の書き方・まとめ方【例文付き】 ~履歴書・職務経歴書・面接で使える |転職ならDODA(デューダ)

志望動機書をどのように書くか、また重要度をよく理解することで雇用の道が見えてきます。
書き方のポイントや注意点などをよく理解しておくべきです。

志望動機書の重要度は高い

採用を決定するとき、志望動機は非常に大きな要素となるもので、特に転職の際には、職務経歴に次に、志望動機がポイントとなるといわれるほど、重要度が高いといわれています。
具体的にどんなことをしたいと思い応募したのか、入社したいと強く思ったその理由は何か、こうしたことを志望動機で理解することで、企業は採用する人ととのマッチングを考えるのです。

そのため、志望動機には、担当者が欲しいと思っている内容が盛り込まれている必要があります。
書き方のポイントを押さえることで魅力ある志望動機が見えてくるのです。

志望動機書の書き方

転職という場合、すでにスキルを持っている、社会人としての経験を持っているということが大きな強みとすることができます。
応募企業に対して、自分が経験してきたこと、キャリアを活かす志望動機となっていれば、担当者の心に残る印象的な志望動機となるはずです。

数ある多くの企業からどうして当社を選んだのか?と質問されたとき、言いよどんでしまうようでは志望動機が弱い人と印象付けることになります。
経験を活かすことと、熱意を表すこと、両方ができて初めて印象的な志望動機となるのです。

まず企業が求める人材とは何か、ホームページなどを見て徹底的に分析します。
その上で、企業が求める人材にこたえることができる自分の経験、興味などを考えていくのです。
さらに自分は将来どのようになっていきたいのかを考えます。
最後に、応募企業がどのような特性を持っているのか、という点に自分の経験によってどのようなことに対応できるのか、なにを目標としているのかをつなげていくのです。

志望動機書は応募企業に合わせて書くことが必要

就職、転職の際、一つの企業を受けるということは少なく、通常複数の企業に応募します。
その企業ごとに、志望動機書が必要となるのです。

相手の企業がどんな人材を欲しいと思っているのか、どのような特性を持っている企業なのか、それを踏まえ自分の経験や興味などを関連付け、どのように仕事をしたいと思うのかなどを考えます。
こうした考えを企業ごとにまとめて、それぞれに準備する必要があるのです。