1. /
  2. /
  3. あなたは知っていますか?職務経歴書と履歴書の違いについて

あなたは知っていますか?職務経歴書と履歴書の違いについて

職務経歴と履歴書の違い

以外と理解していない履歴書と職務経歴書の違い

昔は就職の時、提出するものとしては履歴書だけだったのですが、今は自己PRに履歴書、それに志望動機書など、企業によっては提出書類がかなり多いというところもあります。
就職の際にも履歴書だけだったものが、最近は職務経歴書を求める企業のほうが多いといわれている状態です。

しかし意外に職務経歴書と履歴書と何が違うの?と思っている人も多いといいます。
この違いと、それぞれの役割などを理解しておくことも重要です。

履歴書と職務経歴書の役割の違いとは

履歴書というのは、応募される人の基本情報を掲載するものになります。
氏名、住所、連絡先、それに学歴など、その人の基本情報を応募先に知らせる書類です。
職務経歴書というのは、これまでに経験してきた職務、実績、スキルなどを知らせます。

つまり履歴書の場合、基本的な情報を企業に伝えるという役割があり、職務経歴書は職務の経験や実績など、自分が募集にあたりアピールしたい部分を書くことに利用されているということです。

採用担当者は履歴書、職務経歴書の何をポイントにみているのか

採用担当者が履歴書でポイントとしているのは、応募してきた職種に応じた学歴や職歴があるかどうか、また免許、資格など必要なものを取得しているかどうか、さらに住所を理解することによって無理のない通勤になるかどうかなどを確認します。
また履歴書には希望を書く欄もありますので、応募者の希望条件が企業の募集要件似合っているかどうかも確認するのです。

職務経歴書で見るポイントは、自分をアピールするプレゼン能力があるか、また企業が募集の際に求めたスキル、経験があるか、仕事に対して意欲があるか、また自己分析を行うことができているか、といった面を見ています。
つまり職務経歴書は、仕事を実際に行う時に利用できるスキル、知識があるか、やる気があるのかどうかを見ているのです。

この違いを理解しておくと、履歴書も職務経歴書も伝えるポイントが違うことがわかるので、書き方にも違いが出てくると思います。
もちろんマナーよく、言葉遣いなども気を付けて書くことが必要です。